注目の記事 PICK UP!

伊達公子の2度目の引退理由は膝の怪我が原因?年収はいくら稼いだの?

こんにちは。

 

プロテニス選手の伊達公子さんが、

現役引退を発表しましたね。。。

 

多くの伝説を残してきた伊達公子さんですが、

2度目の引退理由は、

やはり、、、、

膝の怪我が原因なのでしょうか??

 

また、

現役時代、

年収はいくら稼いでいたの!?

 

スポンサードリンク




 

伊達公子の2度目の引退理由は膝の怪我が原因?

 

プロテニス選手の伊達公子選手!!

 

 

伊達公子選手は、

高校卒業後の1989年からプロテニス選手になりました!!!

 

その後、

とてつもないスピードで成長し、

1995年には、

世界ランキング4位まで上り詰めましたよね!!!

 

日本テニス界でも飛び抜けた選手で、

グランドスラムでの優勝も十分可能性がある中、

1996年に突如、

25歳という若さで引退してしました。。。

 

 

惜しまれつつ引退し、

テニス界のレジェンド的存在になったわけですが、

2008年に12年ぶりに現役復帰するんですよね!!

 

37歳での現役復帰に衝撃を受けましたが、

それ以上に嬉しかったことを覚えています!!

 

 

現役復帰後は、

やはり、、、

かつてほどの結果は出せませんでしたが、

 

2013年には、

世界ランキング54位とアラフォーとは思えない活躍をしています!!

 

41歳で、

しかも12年のブランクがあるとは思えないですよね。。。

スポーツの歴史の中でも、

12年のブランクがある中、

国際舞台に戻ってくる選手なんかいないと思います!!!

 

 

そんな、

鉄人的な活躍をしてきた伊達公子選手ですが、

2017年9月に開催される「ジャパン女子オープン」が最後の試合になると、

自身のブログで発表しましたね。。。。

 

近年は怪我が続いていましたが、

2016年2月に膝の手術をしており、

長期離脱を余儀なくされていました。。。

 

2017年5月に復帰するも、

古傷の肩も負傷してしまい、

さすがに、今後、

試合に出続けるのは難しいと判断したそうです。。。

 

なので、

膝の怪我が決め手となっての引退のようです。。。

 

怪我が原因で引退するというのは、

選手にとっては完全燃焼できないのかもしれませんが、

46歳まで現役を続けた伊達公子さんは、

間違いなく女子テニス界のレジェンドです!!!

 

スポンサードリンク




 

年収はいくら稼いだの?

 

高校卒業後、

12年のブランクはあったものの、

伊達公子選手は、

現役生活で相当稼いでいたのではないでしょうか??

 

伊達公子選手の年収が、

非常に気になるところですよね。。。

 

なので、

伊達公子さんの年収について調べてみたのですが、

やはり、、、

テニス選手は大会に勝って賞金で稼ぐので、

その年によって年収は違うようです。。。

 

しかし、

2013年時点で、

生涯獲得賞金は約3億2000万円だったそうです!!!

 

3億円だなんて、、、凄いですね!!!

25歳の時に辞めてなければ、

もっと稼いでいたことでしょう。。。

 

さらに言えば、

この3億円のほとんどは、

18歳から25歳までの獲得賞金ですからね!!

 

 

また、

伊達公子さんの場合、

獲得賞金以外にもスポンサー契約CM出演などもしているので、

1990年代前半のピーク時に人気があった時は、

年収2億円はあったといわれているようですね。。。

あくまで噂ですが。。。

 

とはいえ、

ピーク時に年収が、

億超えしていたのは間違いないと思います!!!

 

スポンサードリンク




 

まとめ

 

1996年に突然引退し、

2008年に復帰して46歳まで現役を続けるなんて、、、

まさにテニス界のレジェンドですよね!!!

 

怪我での引退は残念ですが、

これまでの成績を見れば、

間違いなく日本で一番の女子テニスプレイヤーです!!!

 

引退後は、

どんな活動をするのか楽しみですね!!

 

武井壮の年収が億超えはなぜ?愛車はマクラーレンで最高月収がヤバイ!

桐生祥秀は韓国人?彼女はいる?大学や高校時代のリレー動画がヤバイ!

ウサインボルトが転倒した怪我の原因は肉離れ?カメラマンと接触した過去も!

片岡安祐美は男好きで性格悪い?結婚相手の旦那は小林公太で馴れ初めを調査!

小林公太の解雇理由とは?ラーメン屋の場所はどこ?片岡安祐美と結婚!

 

  • コメント: 0

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP